よりよい人間関係のためのアサーション

〜自分の気持ちとつながり、望んでいることを正直に伝えながら、よりよい関係性を築く方法〜


関係性の質を高めるNVC、ナラティブアプローチをベースに、自分も相手も大切にするアサーティブな表現方法を学びます。

自分の本当の気持ちやニーズにつながるプロセスをワークで体験。
より高い次元で相手とつながる適切な伝え方がわかります。
無意識的なビリーフに気づき、新しい自分の物語を紡ぎだす講座です。


11月25日(日)13:00-18:00

※こちらの講座はどなたでも受講できます。

身近な人と「どちらが正しいか」でよく言い合いになったり、不機嫌になられて残念に思ったり、人に合わせることにうんざりしたり・・・
そんな場面もよくありますよね。


そんな時、まずは自分の気持ちに共感を。
自分の内面に意識を向けてあげましょう。
「今自分はどう感じているのか」「どんな気持ちなのか」。
そんなふうに自分の感情をそのまま感じてみる。
そこにジャッジメントを入れずに共感するのです。

そしてその気持ちの奥にある、
「自分は今、何を大切にしたいのか」「何を必要としているのか」

「何を望んでいるのか」そういったことに意識を向けてみます。


正直さとオープンさを持って伝え、聴くことできると、
それまでと違う次元でつながりを感じることでしょう。


こんな方へお勧めします

  • 自分の気持ちや要望を正直に口に出すことが難しい。
  • 自分で感じていた気持ちに後で気づいてもんもんとする。
  • 人間関係や話のやりとりによって感情が揺れる方である。
  • 相手の気持ちを優先して相手に合わせてしまうことが多い。
  • あとで「こう言えばよかった」と後悔することが時々ある。
  • 批判的な言い方で「なんで」と相手を責めてしまいがち。
  • 相手の言動や行動にイライラすることがよくある。
  • どう言えばわかってくれるのか悩むことが多い。
  • 相手が感情的になった時の対応を上手にしたい。
  • 自分の思いを時々人に聴いて欲しくなる。

講座へ参加することで・・・

  • 身近な人とよりよい関係でいるための方法がわかる。
  • 自分の気持ちをジャッジせず、ありのまま感じて受けとめられるようになる。
  • 相手を尊重しながら要望を率直に伝える方法がわかる。
  • 我慢や遠慮、強要といったことを減らして気持ちいい関係になる。
  • コミュニケーションの問題に、お互いを大切にした一段高いレベルでの解決策がとれる。
  • 本当は自分が今何を望んでいるのか、大切にしたいのか、気づけるようになる。
  • 伝えた方がよい時と、聴くべき時の見分け方がわかる。
  • 要望を相手に受け入れてもらえる可能性が高まる。
  • 本当につながる感覚を得て分かち合えるような関係に近づく。

〈講座の内容〉

  • なぜ我慢してしまうのか
  • 社会構造によって強化されてきた思い込み
  • アイデンティティ、自己肯定感との関係
  • ありのままの自分をリスペクトすることの大切さ
  • 感情的にならないためのコツと習慣
  • 感情とつながることを難しくしている無意識の癖とは
  • 自分のニーズ(大切にしたいことや望み)を認識する方法
  • ラベルづけせず「いまここ」にいる
  • 魔法の主語
  • いつも意識したい4つの要素
  • Noを言う時に一緒に伝えること
  • 日常でできる簡単な練習法

 

講義+カードアクティビティやグループシェアなどで進めます。
日常で実践できる方法を持ち帰って頂ける講座です。


〈開催について〉

〈日時〉11月25日(日)13:00-18:00

※ワークの進行状況により多少延長する場合があります。

〈会場〉江東区内の会議室(清澄白河近辺)

〈参加費〉16,000円

         ※事前のお振込

※受講した方のみ参加できる、お互いの実践と課題をシェアし合うフォローアップ会も予定しています。



お申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

フォームからお申込みしてすぐの自動返信メールはありません。

お申込み後、3日以内に受付確認とご参加前のお手続きについてメールでお送りします。


受講頂いた方のお声の一部

 

「営業について話し方を学ぶのであれば

決まった型があるかもしれません。

でも、この講座で学ぶコミュニケーションは

自分の心の中を問われるもの。

その場の雰囲気は大きなポイントです。

とても温かい雰囲気の中で参加できました。

リラックスでき安心して自己開示が出来ます。

 

そんな中、一番参考になったのは

自分の感情から何を求めているか

(Need)を自分で探すというプロセス。

 

特に女性は親しい相手ほど感情をそのまま投げつけがち。

すると相手は何がNeedなのかわからなくて

対応に苦慮するわけです。

それが度重なると良い関係を保つのは難しくなってきますよね。

 

私自身もこちらの講座を受けるまで、

自分の感情と自分のニーズやリクエストの

照らし合わせは、していなかったと思います。

やり方がわかっていなかったからですね。

 

上手くいくコミュニケーションをしようと思うと

頭で考えてしまいがちでした。

でも、自分の感情を大切に扱いながらも

それを知性的に表現できるのだということが

こちらの講座を通じてわかり

何だかとても幸せな気持ちになりました。

 

自分の気持ちを大切にするということは

自分自身を大切にする、ということだからなのでしょうね。

 

職場でもプライベートでも、男性でも女性でも

コミュニケーションを通じて

 

より良い人生を歩みたい方にぜひオススメします」
(前回ご参加 おぐち恵子さん)


(昨年、同様のテーマで行なったミニ講座でのご感想から)

「これがふつうと思い込んでいること、自分の感情に気づくことが大切というのが印象に残りました。表層的な会話が苦手なので、空気を読む会話に疲れていました。そこから脱するのに本当によい知恵に出会えました」

 

「Noと断ることもOK、相手がNOというのもOK、その権利があるということに気づけた。思い込みが強く影響していることがよくわかりました。職場や年上の方に困るケースが多いので、少しづつ練習していきたいです」

 

「大変勉強になりました。気づきがたくさんあって、思っていることを言葉にすることが難しいということに気づいて驚きました。すべての面で活用したいです」

 

 

「事実を伝えているつもりでも自分の主観が入っていたことに気づいた。事実と感情は一緒になりやすいので、感情を客観的に捉える訓練をしたいと思った。仕事、育児、夫婦関係すべてにおいて役立ちそうなので使ってみたい」


ファシリテーター 早川健治

 

〈プロフィール〉

大手企業などで、性格タイプの違いを効果的に活かすMBTIはじめ、成人学習・心理学的アプローチの研修のファシリテーターとして15年以上のキャリア。

マネジメント、アサーション、コーチング、ミドルの心理変化など、心理学×コミュニケーションをベースに、対話型ワークショップを得意とする。
職場での関係性の質を高め、組織においても楽しく、自分らしく貢献、成果が出せるよう支援している。

 

また、最近は、独立・フリーの人や起業家、コンサルタント、カウンセラーといった、人との関わり方が重要な専門家を対象としたワークショップや、職場やプライベートでのコミュニケーションに悩む一般の方へ向けた講座をする機会を増やしている。

自然に受講者が打ち解け楽しくなれるような安心感のある場づくりを得意とし、 軽やかで親しみやすいキャラクターが持ち味。

 

 

〈取得資格・修了等〉

Japan-APT MBTI®認定ユーザー

ジョージワシントン州立大学HRソリューションプログラム修了

認定アクションラーニングコーチ(ALコーチ)

公認ソーストレーナー

厚生労働省指定キャリアコンサルタント能力評価試験合格 認定CDA

選択理論心理学 (リアリティセラピー)中級講座修了

トーマスゴードン リーダーイフェクティブトレーニング(LET)コース修了

ソリューションフォーカス実践コース修了

日精研アサーショントレーニング修了

NVC基礎、NVCビジネスオンライン修了